© copyright by photographer Junichi Miyazaki

料理と自然 写真撮影 フードフォトグラファー宮崎純一

BLOG

October 27, 2017

長野から鹿児島ー東京ー熊本ー東京と撮影して、8日振りに家に帰ったら届いてました。
食関係以外のこういう本を担当することはあまりなく、まさにトーハクビギナーとして臨みました。
修復室でブルッときてしまい思わず「この部屋は宇宙ですね」と発してしまった私に、「ものに関われば関わるほど人が面白い世界です。研究をし理論を重視する現場ではあるものの、ものや人の営みは理屈では語れない世界で。それが抜けてしまっては博物館はおもしろくなくなってしまいます。」と教えてくださいました。収蔵庫で長く眠っているモノを目覚めさせるその時、いにしえの人の営みと修...

May 23, 2017

 東京アメリカンクラブ様にてフードフォトの一日ワークショップ。

柄にもなく講師役をお引き受けしたのは、自制を好奇心が上回ったからだと思います。

編集企画のスタッフの方々とシェフの方々を前に、料理撮影のTry & Errorのプロセスをそのままご覧いただいて、講師というよりは悩めるフォトグラファーでしたが、どこに気を配っているのかという辺りのことを肌感覚でお伝えできたのなら幸いです。

英語原稿らしきものを作っていったのですが、結局、スタッフの方の通訳に頼りっぱなしで、ほとんどを日本語で通してしまったのが悔しくて、やっぱり英語でお話できればど...

April 11, 2017

新しくやろうと思っていること、取り組まなければいけないことが山積みだ。

それなりにキャリアを積んで東京で過ごしてきたけれど、生きることはいつも変化と共にある。

自分自身の変化、社会の変化、メディアやデバイスの変化。

いくら経験を重ねても、今、目の前のこの時に対峙すれば、本当は誰だってルーキーでしょう。

オッサンの心には怯えがあるよ。戻りたくない過去だってあるし、恥ずかしい思いもしたくないもの。だけど現状維持より変化。現状維持なんてただの概念。自分が生まれる前からあるこの世界に信頼を寄せていこう。

現在・過去・未来・宇宙・空・ニッポン・町・人・...

December 11, 2016

ここ2ヶ月ほどお問い合わせはあるもののなぜか撮影案件がフィックスせず。

暇な時に何に没頭できるかがフリーランスのメンタルの強さの指標でござい!とばかりにひたすら瞬間英作文してました。

とはいえこれだけ続くと凹みそう。

お祓い行こかーと思うけど、どうせもうすぐ新年の参拝でご祈祷だし。

ここはひとつ前向きにご新規の編集部さんに「写真を見てください」とお電話しました。

こういうことは久しぶり。いい歳をしてと思うけど、お電話する時はやっぱりドキドキするものです。というわけで今週は連日、写真のプレゼンです。師走のお忙しい時期にもかかわらずご面会の機会を...

September 14, 2016

ずっと大切にしてきたプロジェクトのwebサイトがリニューアルしました。

東京ローカルレストラン -sachi-

第一弾は佐賀県×ラッセ村山シェフ。

取材の模様はこれから随時更新されていきます。

どうぞよろしくお願いします。

July 15, 2016

 新しい名刺が届きました。

活版印刷です。

「キイッポン ナ ヤツダナ キミハ」

長く付き合えそうな相棒です。

Bird Design Letterpressさんありがとうございます。

June 10, 2016

本格的な梅雨入りを前に真夏日の東京の空。

前の晩にひどく嫌な気分になる出来事があり、長く続けていた関係を断ち切ることに決めた。

愛するのは自由やおおらかさ。

少しばかり風変わりと呼ばれても不条理と戦う人が好き。

失礼と率直さを履き違えている人は好きじゃない。

エレファントカシマシ「東京の空」(歌詞一部抜粋)

ああふさわしすぎるぜ

ああ涙は枯れ果てた

解らない叶わない聞こえない届かない

ああ笑いは忘れ果てた

望まない望めない頼りない

悲しい芝居さ似合のセリフさ

解らない叶わない心はここにもそこにもない ああ、、、

俺にはわかるぜ

最後のチャンスは

ああ100度も訪...

Please reload

Recommend
Recent Posts

May 29, 2018

August 27, 2017

Please reload

August 16, 2019

April 8, 2019