BLOG

April 8, 2019

須坂の「写真館 一顆」にて撮影

20代 職業 デザイナー

「あの、これ、背景に使ってほしいんですけど。」

これ、すなわち彼のおじいさんがロシアにいた頃に買い求めたというストールなり。

互いに多くは語らずも興に乗じた撮影で手応えがありました。 

October 14, 2018

夫婦で半年間のセルフリノベーションの末、先月無事OPENした肖像写真館・刺繍絵ギャラリーショップ「一顆 と りり」。

地元新聞二紙に取り上げていただきました。

信濃毎日新聞さんは生前遺影撮影の試みを掘り下げて取材してくださいました。文章に包み込むような優しさがあって、河原記者のまなざしが浮かびます。写真の掲載をお許しくださいました松葉屋そば店のおばあちゃん、コメントをお寄せくださいました小山農園の奥さま、どうもありがとうございました。

須坂新聞さんはこのエリアがどのように生まれ変わって行こうとしているのかを、私たち夫婦の恩人でもある高島浩...

June 2, 2018

土間コンクリート打設へ向けて。

残置物撤去から畳上げ、根太切り、壁面建て込み、、友人と共に連日数々の作業。

プロの大工さんの手を一切借りず。

この日も早朝スタート。

採石場へ電話して出向き、軽トラの荷台に大型重機からドシャッと投入してもらう。

現場へ戻って地面掘削と水平出し他、最終調整。

気が付けば辺りは真っ暗。

翌日にははいよいよコンクリミキサー車が来る。

今日中に砕石を敷き詰めるところまではやっておきたい。

夜の太陽。

投光器の下、闇夜の小路。一輪車を押す。

夢中で押す。

May 29, 2018

目を凝らしてぼんやりと見えてくる。

速さや明瞭であることに間をとって生きる。撮る。

須坂で肖像写真館「一顆(ikka)」と妻の刺繍絵アトリエギャラリー「りり」を起こします。

友人の手と私たちの手。合わせて古い日本家屋を改装中です。OPENは8月中旬を予定しています。平日はフリーランスとしていただくお仕事、写真館とアトリエギャラリーは土・日曜限定でというスタイルを描いていますが、さてどうなることやら。

Photo by Hiroshi Takashima

Please reload

Recommend
Recent Posts

May 29, 2018

August 27, 2017

Please reload

June 20, 2020

August 16, 2019

April 8, 2019

February 22, 2019