© copyright by photographer Junichi Miyazaki

料理と自然 写真撮影 フードフォトグラファー宮崎純一

BLOG

August 16, 2019

写真の2枚目のご家族はSteve、Mizuho夫妻とご子息のJojo君。

5月に名古屋に数日滞在して撮影しました。

Steveの故郷イギリス由来のプレミアムオーツフードを手掛ける"Oatisans"。

webサイトの完成はまだのようですが、心から応援したいと思うご家族です。

さて、5月からここまで忙しく、すっかりwebの更新が滞ってしまいました。

先週、遂に高熱を発して強制休養となったわけなのだけれど。。

気がつけば夏真っ盛り、今月から我が家も長野移住3年目に突入です。

ここらでほんのひと時振り返りの時間を持って、3年目の実りを夢見てさらに前進し...

April 8, 2019

須坂の「写真館 一顆」にて撮影

20代 職業 デザイナー

「あの、これ、背景に使ってほしいんですけど。」

これ、すなわち彼のおじいさんがロシアにいた頃に買い求めたというストールなり。

互いに多くは語らずも興に乗じた撮影で手応えがありました。 

February 22, 2019

撮影を担当させていただいた治一郎さんの季節限定商品、桜のバウムクーヘンが発売になりました。

長野のチームで創られたビジュアル。

ビジュアルとパッケージデザインは太田伸幸さん(KICHI)、スタイリングは塚田結子さん(編集室いとぐち)です。

移住して1年半経ちますが、もっともっと長野でたくさんの方々とご一緒できるといいなと思っています。

February 6, 2019

100歳の誕生日の翌日、じいちゃんが息を引き取った。

週末に孫が届ける予定だったバースデーケーキは祭壇に手向けられ、ばぁちゃんは杖をつきながら全員の席を周り、よく話しよく笑う。

歌え 踊れ 今日は葬式

歌え 踊れ 夜を賭けて

朝が来て皆が寝たら 俺はこっそり行くのさ

(ハンバートハンバート「大宴会」より)

ありがとう、じいちゃん。

おじさんになった初孫はこの日、あなたに手を引いてもらった頃のことばかり考えていました。そしてまだあなたの半分も生きていないことに気がつきました。誰かの手を引き、荷を背負えることに人の幸せがあるのかもしれませんね。

人生と...

November 23, 2018

この季節はクリスマスやバレンタインの撮影が入ります。

上の写真は長野市善光寺下にあるCoco ChouChouさんのビーガンチョコレートをバレンタインカタログ用に撮りおろしたもの。

オーナー様は私と同じ頃に東京から長野へ移住された素敵な女性です。移住されてまだ1〜2年の小さなお菓子工房ですが通販サイト等を通じて全国的にとても人気があります。

あやかりたい、、いや、見習いたいです。

長野での撮影で困るのはフードスタイリストさん不在ということ。

今回は他にもたくさんのイメージカットがあって、オーナー様と二人で準備から撮影当日まで頭を捻り、うんうん...

October 14, 2018

夫婦で半年間のセルフリノベーションの末、先月無事OPENした肖像写真館・刺繍絵ギャラリーショップ「一顆 と りり」。

地元新聞二紙に取り上げていただきました。

信濃毎日新聞さんは生前遺影撮影の試みを掘り下げて取材してくださいました。文章に包み込むような優しさがあって、河原記者のまなざしが浮かびます。写真の掲載をお許しくださいました松葉屋そば店のおばあちゃん、コメントをお寄せくださいました小山農園の奥さま、どうもありがとうございました。

須坂新聞さんはこのエリアがどのように生まれ変わって行こうとしているのかを、私たち夫婦の恩人でもある高島浩...

June 2, 2018

土間コンクリート打設へ向けて。

残置物撤去から畳上げ、根太切り、壁面建て込み、、友人と共に連日数々の作業。

プロの大工さんの手を一切借りず。

この日も早朝スタート。

採石場へ電話して出向き、軽トラの荷台に大型重機からドシャッと投入してもらう。

現場へ戻って地面掘削と水平出し他、最終調整。

気が付けば辺りは真っ暗。

翌日にははいよいよコンクリミキサー車が来る。

今日中に砕石を敷き詰めるところまではやっておきたい。

夜の太陽。

投光器の下、闇夜の小路。一輪車を押す。

夢中で押す。

May 29, 2018

The 2018 Gourmand World Cookbook Awards(世界料理本大賞)の結果が、一昨日、中国煙台の受賞式典にて発表されました。
ちょっと信じられないことに、、Photography部門で準グランプリを受賞しました。(この部門は書籍名とフォトグラファー名に授与)

書籍はHARVEST NISEKO(Tess Stomski with Chisato Amagai)です。
この本は他にFirst Cook部門でも第3位。Cooking School / Education部門でもファイナリストにノミネートされてい...

May 29, 2018

目を凝らしてぼんやりと見えてくる。

速さや明瞭であることに間をとって生きる。撮る。

須坂で肖像写真館「一顆(ikka)」と妻の刺繍絵アトリエギャラリー「りり」を起こします。

友人の手と私たちの手。合わせて古い日本家屋を改装中です。OPENは8月中旬を予定しています。平日はフリーランスとしていただくお仕事、写真館とアトリエギャラリーは土・日曜限定でというスタイルを描いていますが、さてどうなることやら。

Photo by Hiroshi Takashima