BLOG

カメラマンという呼び名

撮影を生業とする人のことを日本では「カメラマン」と呼んだり「フォトグラファー」や「写真家」と呼んだりします。同業の者の名乗り方としてもこの3つを微妙に使い分ける方がいらっしゃるので案外気を使います。 「撮る人」「写真屋」などと名刺に擦っておられる方も。 余計ややこしくなることもあったりして。 またムービーのご年配連の中にはあえて「キャメラマン」と名乗る派もいらして、そこにはまた別の伝統や品格を感じることもあります。 自分としてはどのように呼ばれても構わないのですが、比較的雑多なニュアンスのこもった、俗っぽく日本的な呼び名であるがゆえ、同業の中には避けたがる方もいる「カメラマン」という呼び名。これが嫌いじゃないです。 その理由は「道具と私」ということを端的に表しているから。 話は20数年前の学生時代に遡ります。 私はオートバイが好きでした。 落ちこぼれ意識が強くて気の晴れない時代でしたが、バイクに乗れば心は軽くなりました。 旅をしている時は余計にそうでしたし、普段は立ち寄らない場所へ行き、普段なら話さない人とも話ができました。 学生時代のバイクツーリングの集大成としてメキシコのバハカリフォルニアを走りました。 アドベンチャーレースの舞台としても有名なサボテンの荒野の道。 バイクの調子が悪くて、途中何度も修理のためにストップを余儀なくされた苦い思い出のはずなのに、交わした会話は覚えています。 「どこから来た?」 日本です 「一人でか?」 そうです 「どこまで行く?」 中南米を行けるところまで行きたい 「このMOTOでか?」 そうです 「ムーチョス!」 多分、この時のムーチョスは「大

A blue sky in Tokyo

本格的な梅雨入りを前に真夏日の東京の空。 前の晩にひどく嫌な気分になる出来事があり、長く続けていた関係を断ち切ることに決めた。 愛するのは自由やおおらかさ。 少しばかり風変わりと呼ばれても不条理と戦う人が好き。 失礼と率直さを履き違えている人は好きじゃない。 エレファントカシマシ「東京の空」(歌詞一部抜粋) ああふさわしすぎるぜ ああ涙は枯れ果てた 解らない叶わない聞こえない届かない ああ笑いは忘れ果てた 望まない望めない頼りない 悲しい芝居さ似合のセリフさ 解らない叶わない心はここにもそこにもない ああ、、、 俺にはわかるぜ 最後のチャンスは ああ100度も訪れたああ100度も訪れた #東京

The one-year anniversary

出張の連続で半年以上更新できていなかったブログをまたポツポツと書き始めます。 新しいことを書く前に去年の夏の夢のような1日の写真を。 ノマド農場を借りて催されたれいくんとまりちゃんのお店「maru cafe」の一周年記念パーティー。 ノマドのたつやさんがこの日に間に合うように建てたツリーデッキが最高に気持ち良いのでした。 PORTFOLIO LIFE .2 #佐久

Recommend
Recent Posts
Tags
Archive

© copyright by photographer Junichi Miyazaki

料理と自然 写真撮影 フードフォトグラファー宮崎純一