BLOG

準グランプリ

The 2018 Gourmand World Cookbook Awards(世界料理本大賞)の結果が、一昨日、中国煙台の受賞式典にて発表されました。 ちょっと信じられないことに、、Photography部門で準グランプリを受賞しました。(この部門は書籍名とフォトグラファー名に授与) 書籍はHARVEST NISEKO(Tess Stomski with Chisato Amagai)です。 この本は他にFirst Cook部門でも第3位。Cooking School / Education部門でもファイナリストにノミネートされていました。 賞と名のつくものには色々バイアスがかかっていると知るオジサンも、HARVEST NISEKOは著者自身が企画した自費出版本ですので、少なくともこの書籍に関しての評価は純度が高いんじゃないかな?と想像します。(著者の素晴らしさについては以前の投稿をご参照ください) 余談なのですがこの撮影を終えたのが一昨年の夏。スマホのメモには当時の日付で、 ----- 手帳にはもう何のネタも無い。 しかし足りないものなど無いのだ。 目指して初めて届くところへ行け。 ----- となにやら意味ありげにカッコつけて書き残してありました。 苫小牧発のフェリーでセンチメンタルな人。 ちょうど仕事や人間関係が立て続けに途切れた時期であったことは確かです。東京暮らしはもう長くないだろうと感じ、一方で自身の「撮る人」としての在り方に徐々に手応えを重ねていました。 それから一年後、長野に移住しました。 今、須坂という街に古い家を借りて肖像写真館を始めるため大

須坂で

目を凝らしてぼんやりと見えてくる。 速さや明瞭であることに間をとって生きる。撮る。 須坂で肖像写真館「一顆(ikka)」と妻の刺繍絵アトリエギャラリー「りり」を起こします。 友人の手と私たちの手。合わせて古い日本家屋を改装中です。OPENは8月中旬を予定しています。平日はフリーランスとしていただくお仕事、写真館とアトリエギャラリーは土・日曜限定でというスタイルを描いていますが、さてどうなることやら。 Photo by Hiroshi Takashima #須坂 #長野 #古民家 #リノベーション #写真館 #アトリエギャラリー

Recommend
Recent Posts
Tags
Archive

© copyright by photographer Junichi Miyazaki

料理と自然 写真撮影 フードフォトグラファー宮崎純一